【クレジットカード】審査

私が始めてクレジットカードを手に入れたのは、

2004年の12月のことでした。
申込をしたのが9月だったので、その間については審査期間であったのだろうと受け止めています。
申込はアパートで1人暮らしをする際に申し込んだのですが、その時は無職であったので、そう簡単にカードは作れないだろうなと覚悟していました。

 10月にようやく就職を決め、そのことを契約している不動産会社に知らせました。
10月と11月の家賃はカードが届かないため、送られてきた支払い書をコンビニへ持って行って支払っていました。
コンビニのレジで数万円も支払うことはまず無かったので、2回だけですがこの時のことはよく覚えています。

 就職が決まったのが良かったのか、12月になり、ようやくクレジットカードが郵送されてきました。
もし無職期間が長く続いていたら、もっと遅かったのかもしれません。
これ以来約9年間に渡って、同じカードを使い続けることになります。
私はカードについて全く知識が無かったので、同封されていた小冊子を熟読しました。
後にも先にもカードについて読んだ小冊子はこれ1冊だけでしたが、わかりやすく書いてあって、良いガイドブックになっていたと思います。

 「登録している口座が支払い日に毎月1回引き落とされること」「数万円ではありますがカードローンでお金が借りられること」「公共料金の引き落としを利用するとポイントが多くたまること」などの基本的な知識を身につけた私は、せっかく手に入れたこのアイテムをどんどん活用していったのでした。

 ネット通販での買い物が非常に便利になり、銀行振込を選択しなくてもよくなりました。
それまでは毎回送り先の住所を入力していましたが、その手間も省けました。
クレジットカード払いを利用すると、ポイントもたまるのでさらに便利でした。
 申込の時に無職であったので、審査に時間がかかってしまいましたが、入手してからは、便利な使い方ができていると思います。